【重要】teacup. byGMOのサービス終了について


  • [0]
  • 自動火災報知設備

  • 投稿者:夜警
 
こんばんわ。施設警備員にとって、職務のための大きな柱となるのが自火報設備ですね。また機械警備員にとっても、この発報対応が必要であることから、警備業全般にとって重要な項目であるといえます。私が警備業界に入った当初から、そう認識しましたので、消防設備士4類はできるだけ早く取得しました。警備員必携の資格といえます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%8B%95%E7%81%AB%E7%81%BD%E5%A0%B1%E7%9F%A5%E8%A8%AD%E5%82%99

なんとなれば、施設警備員募集の資格条件で消防設備士甲種4類が必要とされるケースも実見しました。どうして甲種まで必要なのか疑問にも思いましたが、消防業界では、その業務区域に明瞭な区分けが現状ないものと思いますことから、最高資格を条件にしたのだろうかと想像しています。

言うまでもなく、消防設備士甲種4類資格者なら施工までできます。警備対象施設の増築・変更にともなう工事にもこの資格がいります。ところで、乙種4類資格者はなにができるのか。これが不明瞭なわけです。どこまでやれるのか? センサーの取替えくらいは勿論やれるとしても、配線まで触っていいのか? それは整備の範疇にあたるのか? 更には、消防設備点検資格者との違いはなにか?

私、シロウトといっては罰が当たる業界人ですが、このあたりの区分けはよくわかりません。省庁間の利権の問題でもあるでしょう。

うだうだ書きましたが、自火報設備は警備員必須の知識項目であります。

投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [1]
  • 投稿は私でした

  • 投稿者:夜警
  • 投稿日:2012年 2月10日(金)15時33分26秒
 
あれっ? おかしいな。投稿者が管理人になっています。文責は私、夜警にありますのでよろしく。ま、文責ったって、私自身、いつどっかに行っちゃうかわからない者ですがね。あはははは。


レンタル掲示板