teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


iPhone 3GS 香港版正規SIMフリー

 投稿者:111  投稿日:2010年 3月11日(木)00時09分17秒
返信・引用
  SIMロック無しのGSM携帯電話です
世界中で使用可能な携帯電話を激安販売中!!
http://www.siamgsm.com/tkxcgi/shop/shop_index.cgi
にて販売中ですのでぜひ一度ご覧ください:,
NOKIA N80,N91,N93,N93i,N71,N76,N73,N78,N79,N81,N81 8GB ,N82,N85
N95,N95 8GB ,E51,E60,E61,E66,E70,N95,E65,E61i,E90,E71,N96,n97,n900ne75,e72
SonyEricsson P1i,K530i,K850i,W660i,W610i,K770i,W910i,W960i,W890i,Z770I,C902i,W760i,G700,G900,G502,C702i,W980i,C905,XPERIA X1,SATIO,AINO,YARI等日本語化可能です。
Motorola V8,V9,Q8,LG KU990,KE850 PRADA,KS20,SAMSUNG P520 ARMANI,i550W,i780,F480,i900 OMNIA,OMNIA 2,OMNIA PRO,HTC TOUCH PRO,HTC Touch Diamondなども日本語化可能です。 HTC製製品もすべて日本語化可能です。
iPhone(SIMロック解除済、日本語可能)8GB,16GB,iPhone 3G(SIMフリー)8GB,16GB
もあります。
BlackBerry Bold 9000 SIMフリー日本語対応。
BlackBerry Bold 9700 SIMフリー日本語対応
BlackBerry Storm SIMフリー日本語対応共にあります。

iPhone 3GS 16GB, 32GB 正規SIM フリー あります。
HPにない機種もお取り寄せ可能ですのでお気軽にお問い合わせください。


SIAM GSM

http://www.siamgsm.com/tkxcgi/shop/shop_index.cgi

 
 

iPhone 3GS 香港版正規SIMフリー

 投稿者:111  投稿日:2010年 3月 9日(火)15時18分28秒
返信・引用
  SIMロック無しのGSM携帯電話です
世界中で使用可能な携帯電話を激安販売中!!
http://www.siamgsm.com/tkxcgi/shop/shop_index.cgi
にて販売中ですのでぜひ一度ご覧ください:,
NOKIA N80,N91,N93,N93i,N71,N76,N73,N78,N79,N81,N81 8GB ,N82,N85
N95,N95 8GB ,E51,E60,E61,E66,E70,N95,E65,E61i,E90,E71,N96,n97,n900ne75,e72
SonyEricsson P1i,K530i,K850i,W660i,W610i,K770i,W910i,W960i,W890i,Z770I,C902i,W760i,G700,G900,G502,C702i,W980i,C905,XPERIA X1,SATIO,AINO,YARI等日本語化可能です。
Motorola V8,V9,Q8,LG KU990,KE850 PRADA,KS20,SAMSUNG P520 ARMANI,i550W,i780,F480,i900 OMNIA,OMNIA 2,OMNIA PRO,HTC TOUCH PRO,HTC Touch Diamondなども日本語化可能です。 HTC製製品もすべて日本語化可能です。
iPhone(SIMロック解除済、日本語可能)8GB,16GB,iPhone 3G(SIMフリー)8GB,16GB
もあります。
BlackBerry Bold 9000 SIMフリー日本語対応。
BlackBerry Bold 9700 SIMフリー日本語対応
BlackBerry Storm SIMフリー日本語対応共にあります。

iPhone 3GS 16GB, 32GB 正規SIM フリー あります。
HPにない機種もお取り寄せ可能ですのでお気軽にお問い合わせください。


SIAM GSM

http://www.siamgsm.com/tkxcgi/shop/shop_index.cgi

 

ムバラクの恩恵 最終話

 投稿者:ナイル川太郎  投稿日:2010年 1月 6日(水)16時54分55秒
返信・引用
  ホテルには、オバマに似たモハマドが待っていた。

「もう少し時間がありますから、待っていてください」
「分かりましたよ!」

待っている時間、現地駐在の日本人会社員が、今回の旅行でもしマイナス点があったら教えてくださいと言ってきたが、全部自由行動なので、マイナス点なんかあるわけがない。ホテルから「ギザ バスターミナル」に行き方を紙でくれればなお嬉しかったかな、という内容を伝えた。

空港まではモハマドが連れて行ってくれた。明日は違うお客さんをオアシスに連れていくらしい。最初にオアシスを「沃地」と言ったので、「日本人でオアシスを沃地って言うヤツはいませんよ」と教えてあげた。

空港には、初日にいたエハブの姿が。おそらく、エハブとモハマドは送迎係なんでしょう。エハブのサポートで簡単に航空券をゲットし、ついにエジプトを去ることになった。

帰国ルートも、エジプト→ドバイ→関空→羽田だった。エミレーツ航空だったので、1000以上の音楽が聴ける。何があるかなぁと検索していると、モーニング娘があったので、エジプト離陸後、エジプトの大地に、ピラミッドに、スフィンクスに、そしてバクシーシを要求してきたバッキャブル共に聞こえるような大音量でモーニング娘を流していたが、隣の女に注意された。

「モーニング娘うるさい? 消してやろうか? そのかわり、バクシーシよこせ」
と、エジプト人なら言うだろうね。

エジプト旅行記   完

<エジプト最終日>
・チップ 1EP
・マイクロバス→ギザまで 0.75EP
・地下鉄→マルギルギス駅まで 1EP
・バクシーシ 0.25EP
・地下鉄→ナギブ駅まで 1EP
・アバディーン宮殿 15EP
・宮殿カメラ使用代 10EP
・地下鉄→ファイサル駅まで 1EP
・バス→ホテルまで 1EP
・タバコ 6EP
・コシャリ 3EP
・水たばこ&紅茶 10EP
                  合計50EP(約800円)
 

ムバラクの恩恵 第46話

 投稿者:ナイル川太郎  投稿日:2010年 1月 6日(水)16時54分11秒
返信・引用
  これが本当に最後の観光地。「地下鉄ナギブ駅」の近くにある「アバディーン宮殿」に向かった。ムハンマド・アリー朝の皇帝が建造した豪華宮殿らしい。チケットを買い、中に入ると、エジプトの小学生が見学のためにやってきていた。私がビデオを撮っていると、先生が「ビデオですよ! 気をつけて!!」と注意してくれた。これは「ビデオの邪魔よ!」という意味か、それとも「女の子は映っちゃだめよ!」という意味か。
中には現在の大統領である「ムバラクの間」まであり、日本政府から贈られた菊人形や兜などが陳列されてあった。こんなのあげて喜ぶのかなぁ???
宮殿を出る時にエジプト人が声をかけてくる

「宮殿はどうだった?」
「まぁ、なかなかよかったよ」
「では…バクシーシを」
「あんたバカぁ?(←アスカ)」

よし、いい時間だ。そろそろ帰らないと、集合時間に遅れてしまう。「地下鉄ファイサル駅」に戻り、タクシーを捕まえようとすると、運よくバスを捕まえることができた。バスでホテル前まで行けた。ラッキー!

最後に「コシャリ屋 小悪党」でコシャリを食べ、ホテル近くの喫茶店で水たばこ&紅茶でブレイク。やっぱり水たばこはウマイなぁ。日本で吸えないだろうか?
 

ムバラクの恩恵 第45話

 投稿者:ナイル川太郎  投稿日:2010年 1月 6日(水)16時53分11秒
返信・引用
  電車内でエジプト人が韓国人女性を触ったらしく、ものすごい勢いで怒っていた。日本人はこれができないから海外で被害を受ける。見習うべきだね。
「地下鉄マルギルギス駅」周辺がオールドカイロで、確かに、エジプトにきて初めて見たキリスト教の教会。時間もないので、有名な教会2~3つに行ってみることにした。
どの教会も特徴的なのは、大天使ミカエルが至る所に描かれていたことだった。今まで見た教会は、イエスとマリアの聖母子像があるだけ。これは一体? また、これも不思議だったのは、マリアの旦那であるヨセフまで描かれているものがどこにでもあったこと。コプト教会ではヨセフも神格化されているのかな?
そして、オールドカイロで一番有名なモスク「ガーマ アムル」を見学し(モスクは飽きるほど見たので、あまり感動しなかった。が、最後なのでバクシーシをあげてやった)、オールドカイロを離れた。

※ヨセフ…マリアはヨセフと性行為をせずに、大天使ガブリエルからイエスを身ごもった(マリアの処女受胎)ことを宣告されたので、イエスとマリアには神性があるが、ヨセフは普通のオヤジという評価をされている。かわいそうに。
 

ムバラクの恩恵 第44話

 投稿者:ナイル川太郎  投稿日:2010年 1月 6日(水)16時52分30秒
返信・引用
  エジプト最終日。一昨日腹痛で飲めなかった分のビールも飲んだので、ぐっすり眠れた。朝食を済ませ、荷物を整理し、カバンをフロントに預けてもらってチェックアウト。本日は3時半にこのフロント集合なので、それまでは観光可能。最後の観光地は「オールドカイロ」である。

当然ですが、ホテルマンのあの一言は割愛させていただきます。

完全に慣れた手つき(というか行動)でバスを捕まえて「ギザ バスターミナル」まで行き、「地下鉄ファイサル駅」から、「オールドカイロ」が近い「地下鉄マルギルギス駅」で移動。途中、「地下鉄サダト駅」で初めて乗り換えを経験した。
「オールドカイロ」には、イスラム教がエジプトに来る前からあったキリスト教の「コプト教会」があるらしい。これは楽しみ。

※キリスト教の異端
1 クレルモン公会議…アリウス派を異端と決定して国外追放。アリウス派は北のゲルマン人に布教
2 エフェソス公会議…ネストリウス派を異端として国外追放。ネストリウスは東のササン朝ペルシア、さらに東の中国(唐)に布教
3 カルケドン公会議…単性派を異端とし国外追放。単性派は南のエジプトに布教。これがコプト教会
 

ムバラクの恩恵 第43話

 投稿者:ナイル川太郎  投稿日:2010年 1月 6日(水)16時51分48秒
返信・引用
  あとは昨日と同じである。タクシーを捕まえて、ホテルまで20EPで交渉成立。ホテルに戻って「コシャリ屋 小悪党」に行こうと思ったが、よく考えれば本日の夕飯は「最後の晩餐」だった。ホテル最上階のレストランで夕食決定。ちょうどこの時間は、ピラミッドで音と光のショーをやっており、裏側ではあったが、遠くにあるピラミッドが様々な色にライトアップされているのをみれた(まぁまぁかな)。
その後、ホテル1階でビールを購入。昨日のオヤジがなぜかいなかったのがとても残念。
それにしても、観光地の入場料だけでずいぶん金使ったなぁ。明日は最終日だ、今日は休もうかな。

<エジプト3日目>
・マイクロバス→ギザまで 2EP
・地下鉄→サダト駅まで 1EP
・考古学博物館 60EP
・ミイラ室100EP
・地下鉄→アタバ駅まで 1EP
・バス→アズハル大学近くまで 1EP
・コシャリ 2EP
・ズウェーラ門 15EP
・ガーマ スルタンハッサン 25EP
・ガーマ リファーイー 25EP
・水 1.5EP
・シタデル 50EP
・タクシー→アタバ駅まで 15EP
・地下鉄→ファイサル駅まで 1EP
・タクシー→ホテルまで 20EP
・最後の晩餐 33EP
・水 3EP
・ビール 20EP
                   合計375.5EP(約6008円)
 

ムバラクの恩恵 第42話

 投稿者:ナイル川太郎  投稿日:2010年 1月 6日(水)16時51分3秒
返信・引用
  モスクの前庭からは遠くにピラミッドが見えた。ここまで見えるのか!? ウザッタイ物売りを無視しながら写真を撮っていると、閉演時間だから出て行けと言われ、シブシブ入口に戻る。もう少し見ていたかったなぁ。
入口の前の道路は大渋滞(エジプトは夕方になるととてつもない渋滞となる)。何人ものタクシードライバーに声をかけられ、「地下鉄アタバ駅」までで一番安い15EPでOKしたやつに乗ることにした。
「地下鉄アタバ駅」から乗ってもよかったが、散歩がてら「地下鉄ナセル駅」まで行き、そこから「地下鉄ファイサル駅」まで戻った(本当は「地下鉄ギザ駅」だが、タクシーをつかまえるのがコッチのほうが便利)。

※ナセル…エジプトの元大統領。スエズ運河の国有化を宣言して英仏を国外に追い出したことをきっかけに、第2次中東戦争が勃発。ソ連を味方につけ、デタント(緊張緩和)中のアメリカを中立にさせる外交戦略で英仏に勝利する。
 

ムバラクの恩恵 第41話

 投稿者:ナイル川太郎  投稿日:2010年 1月 6日(水)16時50分21秒
返信・引用
  今回のエジプト旅行に行く前、「カイロのピラミッドとルクソールの王家の谷&アブシンベル神殿に行かないと、エジプトに行ったことにはならない。今回は中途半端に終わるかもなぁ」という懸念があったが、完全にどこかに行った。カイロはピラミッドだけで終わる街じゃない。おそらく、カイロの観光名所はピラミッドとこの「ムハンマド・アリー モスク」たど思う。
さすが、元オスマン帝国の将軍ということもあり、そのモスクはイスタンブールの代表的なモスクであるブルーモスクにそっくりだった。カイロの街にある他のモスクとは全然違う形をしている。私はすでにイスタンブールに行っているのでこの様式には目が慣れているが、行ったことない人がこのモスクを見たら、その奇抜さで体が動かなくなること間違いなし!
中に入ると(もちろん素足)、これまたビックリ。イスタンブールのモスクと同じ作りだった。天井から無数のランプが円を描くように垂れ下がっている幻想的な内装。どうやらムハンマド・アリーは、カイロを第2のイスタンブールにするつもりだったみたい。
ただ、私はこのモスク建設後の歴史を少しは知っているので、「こんなものつくらずに近代化をしていればよかったのになぁ」と思わざるを得なかった。日本の天皇は自分のために皇居に豪華な宮殿はつくらず、陸海軍、鉄道、郵便、教育あらゆる所に金を使った。専制君主制のむなしさを感じた瞬間だった。

※ムハンマド・アリー…ナポレオンのエジプト遠征に対抗するためにオスマン帝国がエジプトに派遣した将軍。その後、在エジプトの最高司令官になるが、ギリシアがオスマンから独立するのをうらやましく思い、真似して自分もオスマンから独立を宣言。成功した。
 

ムバラクの恩恵 第40話

 投稿者:ナイル川太郎  投稿日:2010年 1月 6日(水)16時49分39秒
返信・引用
  時刻は午後4時、本日最後の観光地は、先ほどから自分の目の前にそびえ立っている「シタデル」の中にある、カイロ観光のハイライト「ムハンマド・アリー モスク」である。
でかすぎる城壁なので、どこから内部に入るのか分らない。何人かのエジプト人の聞きながら歩くこと約10分。入口に到着した。午後5時までが開園時間なので、おそらく最後の客だと思われる。
このサラディンが築いた「シタデル」と呼ばれる城壁地区には軍事博物館などたくさんの見どころがあるらしいが、時間がないしあまり興味がない。あるのは「ムハンマド・アリー モスク」のみ。壁にかかっているヤジルシの向きに沿って歩くと、ついに発見! これはスゴイ!!

※サラディン…アイユーブ朝の建国者で、独帝フリードリヒ1世(赤髭王 バルバロッサ)、仏王フィリップ2世(尊厳王 オーギュスト)、英王リチャード1世(獅子心王 ライオンハーティッド)が組織した第3回十字軍を跳ね返した「イスラムの英雄」。
 

レンタル掲示板
/5